メインイメージ画像

メールではなく電報で弔電を送ることのよさとは

気持ちを伝えるのにもマナーがあります。携帯電話の普及によって、相手に対するメッセージが速やかに且つ、簡単に送付出来るようになりましたが、冠婚葬祭といった畏まった席での電報は、欠かせません。メールでは、淡くなってしまうような文面が、電報であれば、特別なメッセージに変わるでしょう。そもそも電報とは、電話が普及していない時代の名残で、緊急を要する内容を書くものでした。その緊急性が、電報には残っていると言えるでしょう。



それと、そのように重々しく受け取って欲しくない場合であっても、ヌイグルミやメロディー入りの電報にすることで、プレゼント感も出せます。中には、地域の独特のキャラクターや、電報をそのまま飾ることが可能なデザインもあるため、ギフトとしても、楽しむことが出来ます。このような電報を活用するのは、メールとの差別化があります。

そういったことが、最重要な為に用いられるのが、弔電です。大切な方が亡くなった為に、気を落とされているご家族や、お世話になった故人に、メールやチャットアプリでは失礼です。

そんな際に、本来なら今すぐにでも駆け付けたいという思いを、伝えることが出来るのが弔電なのです。弔電を送る際のマナーや文章例などは、通信会社や冠婚葬祭のマナーのサイトにあるので、失言の心配や宗教によるマナー等、特別な事例でない限り、問題ありません。なお、また弔電は、オーソドックスで先方の負担になることもありません。見本文の中に、故人との思い出などをそっとしたため、お悔やみの気持ちを伝えてみることを、おすすめします。